スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告

出展のお知らせ 6/20環境ボランティア見本市@東京

本日は事務局より,コーラル・ネットワーク出展イベントのお知らせです。

毎年参加している「環境ボランティア見本市」に,今年も出展できることになりました。
先週23日に事務局(宮本さん・堀米)で,事前説明会に参加してきました。

屋外のブースなので,活動紹介を予定しています。
まだ主催者と調整している事項があるため,決まり次第ご案内とお手伝いも募集予定です。

本日は主催のGEICより広報文が届きましたので,配信します。
転送大歓迎です。

今年は生物多様性などのミニ勉強会やキャンドルナイトも予定されているので,一参加者としてもより楽しめる内容になっていると思います。

<以下,広報文>

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□ 2009.6.20(土) ■□■□■□■□■□■□
■□■□■□ 環境ボランティア見本市 ■□■□■□■□■
□■□■□ ~今年はイベント盛りだくさん~□■□■□■
■□■□ http://www.geic.or.jp/geic/ ■□■□■□■□
■□ UNHCR 世界難民の日 イベント同時開催 □■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

環境ボランティアをしてみたい方を対象に、「環境ボランティア見本市」を開催します。
話す、会う、学ぶ、買う、作る、描く、聴く、鳴らす、を通じて環境ボランティアに一歩踏み込んでみませんか?
この夏、あなたを待っている団体がきっとあるはずです。

環境NGOと直接話す団体ブース、企業とNPOが出会い、社会貢献について話すマッチング交流会、まずは知ることから始める勉強会、新鮮でおいしい近郊野菜マーケット、のんびり休んでドネーションもできるカフェ、廃油でつくるキャンドル、みんなで描くオーガニックコットン、音で感じるエコ、平和への願いを鳴らす鐘など、さまざまなイベントを通じて、環境ボランティア見本市で素敵な出会いを見つけに来て下さい。

■概要
日 時:2009年6月20日(土) 13:00~21:00
主 催:地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)
共 催:ジャイラ・メディアアート・アクト(JMAA)、
ウィメンズショップパッチワーク、アースデイマーケット、
株式会社ユーズ、トウキョウ・ミルキーウェイ、以下参加団体
協 賛:株式会社パノコトレーディング
後 援:渋谷区
参加費:無料
会 場:地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)
http://www.geic.or.jp/geic/intro/access.html#geic

■プログラム(予定)

○ボランティアマッチング
・環境NGO団体ブース出展とアピールタイム
・企業とNPOのマッチング交流会(申込制)
・学生ボランティアセンター
・交流パーティ(申込制)(マイカップ持参)

○同時開催イベント
・温暖化と生物多様性を知ろう ミニ勉強会
・Tシャツアート展
・ドネーションカフェ(マイカップ持参)
・近郊野菜ファーマーズマーケット
・地球の未来と子どもの未来ストリートアート
・廃油キャンドルづくりワークショップ
・天と地とつながるエコ・ライブ
・クロージング 平和の鐘を鳴らそう(鈴やベルなど音の出る
ものを持参)
・クロージング 100万人のキャンドルナイト

*ボランティアマッチングと同時開催イベントはどなたでも参
加できます。
*詳細は本文の後方部分をご参照ください。
*マイカップ、鈴などの持参にご協力お願いします。

■参加団体
(特活)アースウォッチ・ジャパン、(特活)アースデイマネー・アソシエーション、(特活)アーバンエコロジー東京、(特活)えがおつなげて、(特活)エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン、(特活)オーガニック協会、(特活)環境修復保全機構、環境応援団いっぽ、環境文化NGOナマケモノ倶楽部、コーラルネットワーク、(特活)国際協力NGOセンター、国際交流NGOピースボート、(特活)国際自然大学校、国連ボランティア計画、コンサベーション・インターナショナル・ジャパン、(特活)自然環境復元協会、シブカサ、(特活)JUON(樹恩)NETWORK、(特活)樹木・環境ネットワーク協会、(特活)棚田ネットワーク、(特活)地球映像ネットワーク、(特活)地球緑化センター、(特活)東京港グリーンボランティア、(特活)NICE(日本国際ワークキャンプセンター)、(特活)日本渚の美術協会、はじめる自給!種まき大作戦実行委員会、(特活)富士山クラブ、(特活)ボランティア・ホリデー、(特活)緑の家学校、MAKE the RULE キャンペーン実行委員会、(特活)よこはま里山研究所(NORA)、(特活)「六ヶ所あしたの森」設立準備委員会

■お申込み・お問合せ
以下のフォーマットに沿って、メール・電話・FAXのいずれかで下記へご連絡ください。

== メール申込みフォーマット===
名前:
所属:
連絡先:
企業とNPOのマッチング交流会の参加:○ or ×
交流パーティーの参加:○ or ×
コメント:
==============================

件名を「見本市参加申し込み」として
メールアドレス(vol2009@geic.or.jp)にご連絡ください。

地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)担当:須藤
TEL: 03-3407-8107 FAX: 03-3407-8164
メール: vol2009@geic.or.jp
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F

■プログラム詳細

○ボランティアマッチング

・団体ブース出展とアピールタイム
見本市の主旨である、環境ボランティアをしたい人とボランティアを募集している環境NPOのマッチング。
出展団体がブースを設け、訪れた人と話し、ボランティアや会員の獲得につなげます。

・企業とNPOのマッチング交流会
CSRに力を入れ環境の分野でNPOと協力したいと考えている企業と、企業と組むことで活動の幅を広げたいと考える環境NPOが、協働する場合においての課題や解決法を共有し、新たな手法を探る円卓会議です。

・交流パーティと名刺交換会
見本市の一番最後に開かれる、環境NPOと一般や企業からの参加者が交流するカジュアルなパーティ。
ブースやマッチング交流会で話し切れなかったことを気楽に語り合い、ネットワークを広げる場です。

○同時開催イベント

・温暖化と生物多様性を知ろう ミニ勉強会
ボランティアをする時に、テーマに関する知識があれば、活動から得られる経験は幅と深さを増します。
なんとなく興味があるという人から、どんな活動をしてみたいかわかっているという人まで、温暖化と生物多様性の概要がわかる勉強会です。

・寄付を目的としたドネーションカフェ(ウィメンズショップパッチワーク主催)
お隣のコスモス青山にあるパッチワークさんが、フェアトレード商品とおいしい飲み物をブースにて出張販売してくれます。
飲み物の代金の一部は寄付金になっており、集計後ふさわしい寄付先に送ります。

・近郊野菜ファーマーズマーケット (アースデイマーケット主催)
関東の近郊農家が、育てた野菜を代々木公園で販売するアースデイマーケットが見本市にやってきます。見本市が始まる2時間前の11時から午後3時まで、愛情をこめて育てられた新鮮な野菜が広場に並びます。

・Tシャツアート展
6/10~27の間に展示室で開催されている、Tシャツという媒体を通してクリエイターとNPOをつなぎ、支援する企画展示です。

・地球の未来と子どもの未来ストリートアート(JILLA主催、㈱パノコトレーディング共催)Tシャツアート展を主催するジャイラ・メディアアート・アクト(JILLA)が行うストリートアート。
広場に50mのオーガニック・コットンを広げ、地球の未来と子どもの未来の絵を自由に描きます。
希望のある方は、Tシャツを購入して絵を書き、持ち帰って着ることもできます。
(※雨天の場合、中止になる可能性があります。)

・廃油でキャンドルづくりワークショップ(㈱ユーズ主催)
廃食油を回収してバイオディーゼルを作っている㈱ユーズが、見本市ではキャンドルを作ります。日中に作ったキャンドルは、夜になったら広場に並べて灯火します。

・クロージング 平和の鐘を鳴らそう(トウキョウ・ミルキーウェイ共催)
大きな鐘を頭上に設置し、参加者が持ち寄った鈴や鐘を同時に鳴らします。
一度沈黙をしてから平和への祈りをこめて鳴らす音は、一人から始まり世界へ広がり共鳴します。

・クロージング 100万人のキャンドルナイト(トウキョウ・ミルキーウェイ共催)
昼間に作った廃油キャンドルをきれいに並べ、火を灯します。
建物内の電気を消灯し、キャンドルのやわらかな光の中、平和の鐘を鳴らし、この日一日のイベントを出展団体や参加者とスタッフでふりかえります。

●GEICとは?
GEICは、持続可能な社会の実現のために、人や組織が出会い、対話し、課題解決するための機会や仕組みをつくることによって、多様な主体の参加による市民力の創出を目指します。
http://www.geic.or.jp/geic/

●過去の見本市
http://www.geic.or.jp/geic/partnership/vol/top.html

<広報文,以上>

スポンサーサイト

2009年05月26日 イベント

夏休みを前に、台東区の施設で海の魚を知るためのワークショップをコーラル・ネットワークで開催することになりました。

生の魚を使い、体や口がどうなっているのかや泳ぎ方などの生態を知るプログラムです。

つきましては、講座を当日担当してくださるスタッフを募集いたします。子どもの教室に関心がある方、魚について子どもと共に知りたい方、環境教育に興味のある方など積極的に関わってくださる方、是非、ご連絡をお待ちしております。

★変更 
 会場の都合で以前お伝えした日が変更になりました。
 ×7月4日(土)→ ○7月5日(日)


     **********************
     台東区環境学習入門講座
       行事スタッフ募集
     **********************

■日付 2009年7月5日(日)
■時間 13:30~16:00
■場所 台東区環境ふれあい館ひまわり 7F集会室
    〒111-0051 東京都台東区蔵前4-14-6
    浅草線 蔵前駅 A2出口から5分
 ☆台東区HP
 http://www.city.taito.tokyo.jp/kids/kankyou/kankyou03_3.ht
ml

■集合 11:00
    台東区環境ふれあい館ひまわり
    6Fふれあいサロン
    
■主催 コーラル・ネットワーク
■担当 手塚幸恵(運営部員)
■募集 1~3名
■報酬 有償ボランティア扱いで若干の謝礼がございます。保険有り。後日連絡。
■応募 手塚宛にメールをお願いします。
件名を「台東区行事スタッフ応募」としてください。
    先着順で定員になり次第募集は終了とさせていただきます。 
    メール: stingray★coralnetwork.jp
    (お願い)★を@に変えて送信をお願いします。

■締切 6月15日(月)
■役割 小学校3年生・4年生が主な参加者なので一緒に観察をしたり、道具を机に配置するのを
    お願いします。

よろしくお願いいたします。

2009年05月11日 イベント

イベントのご案内

第5回太平洋・島サミットに関連したシンポジウムのご案内です。

笹川平和財団
http://www.spf.org/index.html

イベント案内のページ
http://www.spf.org/newsevent/090428.html

<以下,転送>
------------------------------------------------------
シンポジウムのご案内
「太平洋島嶼国を取り巻く海洋環境の保全・保護を考える
 ―共通の財産を守るための提言」
------------------------------------------------------

 2009年5月に開催される「第五回太平洋・島サミット」(PALM5)に向け、笹川平和財団はレメンゲサウ・パラオ前大統領をはじめ、太平洋島嶼地域から政府・NGO関係者を招き、シンポジウムを開催します。
 珊瑚礁、マングローブ林をはじめとする多様な陸上と海洋の生態系は、太平洋島嶼国の人々の生活と文化を豊かにする、欠くことのできない財産です。そしてそれらは海でつながる私たち日本にとっても共通の財産です。
 シンポジウムでは固形・液体廃棄物による海洋汚染、自然保護区をはじめとした環境分野に関し太平洋島嶼の経験を発表してもらい、今回のサミットのテーマでもある「太平洋環境共同体」構想の具体化に向けた提言を討議します。
 なお会場には太平洋島嶼からの参加者及びツバルオーバービュー、WWF等の国内環境NGOの活動を紹介するパネル・写真展示会も同時開催します。
 ご多用のこととは存じますが、関係者お誘い合わせの上、是非ともご参加いただきますようお願い申し上げます。

主催:笹川平和財団・笹川太平洋島嶼国基金
日時:2009年5月14日(木)10:00~16:30 (9:30~受付開始)
会場:日本財団ビル2階大会議室(港区赤坂1-2-2)
   (地下鉄銀座線・虎ノ門駅または溜池山王駅より徒歩5分)
その他:参加費無料、日英同時通訳付
プログラム:
 10:00-10:10開会挨拶 笹川平和財団 羽生次郎会長
 10:10-10:20ご挨拶 日本財団 笹川陽平会長
 10:20-10:50基調講演1 レメンゲサウ上院議員
 10:50-11:20基調講演2 石弘之東京農業大学教授
 11:20-11:30コーヒーブレーク
 11:30-12:15セッション1 ミクロネシアの経験 (30分)
  ミクロネシア・チャレンジ運営委員長(ミクロネシア連邦) マリオン・ヘンリー
  ミクロネシア・チャレンジ地域調整官(パラオ) チャーリン・メルサイ
  マーシャル諸島海洋資源局 アルボン・イショダ
  質疑応答 (15分)
 12:15-13:30 昼休み
 13:30-14:15 セッション2 メラネシアの経験 (30分)
  ママ・グラウン保全基金事務局長(パプアニューギニア)  ジェーン・モギナ博士
  パシフィック・ウェーブ・ネットワーク、代表(フィジー) ウラミラ・ラッグ
  質疑応答 (15分)
 14:15-15:00セッション3 ポリネシアの経験から (30分)   テ・イプカレア・ソサエティ(クック諸島)ジャクリーン・エバンス
  サモア天然資源・環境省開発企画官 ナオミ・アウヴァエ
  質疑応答 (15分)
 15:00-15:20コーヒーブレーク
 15:20-16:30 セッション4 提言討議 (60分)
申込方法:
 お名前、ご所属(役職)、ご連絡先(住所、TEL、FAX、E-mail)を5月13日(水)までにメール(island-seminar@spf.or.jp)、あるいはFAX(03-6229-5473)でお送り下さい。
<転送,ここまで>

2009年05月02日 イベント

イベント案内 マリンダイビングフェア2009

明後日から東京・池袋のサンシャインシティで「マリンダイビングフェア2009」が開催されます。
今年はコーラル・ネットワークとしての参加はありませんが,ブース出展のほかステージイベントや併催されるフェアもありますので,情報収集の機会に活用されてはいかがでしょうか。

<以下,公式サイトより>
http://marinediving.com/mdf/index.html

◇マリンダイビングフェアとは?
 日本国内最大のダイビング&リゾートショーです。
 国内外から「世界の楽園の海」が一堂に会するイベントとして、「ダイビング」「旅」「南の島」をキーワードに最新の情報を提供する場になっています。

◇「マリンダイビングフェア2009」開催概要
日時:4月3日(金)、4日(土)、5日(日) 10時~17時(予定)
会場:池袋サンシャインシティコンベンションセンター
   TOKYO文化会館C、Dホール (東京都豊島区東池袋3の1)
併催:海と島の旅フェア、沖縄フェア、地球の海フォトコンテスト2009入賞作品展*、ダイブ&トラベル大賞2009結果発表ゾーン:世界のリゾート/沖縄/水中デジカメ/ダイビングスクール
主催:マリンダイビングフェア実行委員会
共催:(株)水中造形センター
後援:経済産業省、国土交通省、文部科学省、環境省、外務省、沖縄県
   (社)日本旅行業協会(JATA)
   (財)日本海洋レジャー安全・振興協会
協力:(社)レジャー・スポーツダイビング産業協会
協賛:(株)サンシャインシティ サンシャイン国際水族館
特別協賛:オリンパス
入場料:無料(ただし,*印の併催フェアのみ500円)

2009年04月01日 イベント

ダイビングフェスティバル2009

来週末に東京ビッグサイトでダイビングフェスティバルが開催されます。

ダイビングフェスティバル2009
http://www.scuba.or.jp/df2009/index.html

会期:
 商談日 3月27日(金)10:00~18:00
 一般公開日 3月28日(土)10:00~18:00
       3月29日(日)10:00~17:00
主催:日本スクーバ協会 DF実行委員会,アテックス株式会社
後援:環境省
特別協賛:日本ウエットスーツ工業会,スクーバダイビング事
業協同組合,Cカード協議会
   
今年も一般公開日の土日は入場無料のようです。

コーラル・ネットワークは、毎年WWF-Japanさんのブースの傍らをお借りして,リーフチェックの普及・啓発をさせていただいています。

2009年03月21日 イベント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。