スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告

石垣・米原リーフチェック 速報

4月12日(日) 石垣島 米原のリーフチェックを実施しました。

 当日は天候に恵まれ、穏やかな日のもとでリーフチェックを実施する事ができました。

参加者は関東地方、地元石垣に居住の方、ダイビングサービススタッフ等合計9名(チームサイエンティストの吉田さんを含む)で実施しました。

TS:(有)海游 吉田稔さん
協力:ダイビングサービス 島人

結果は
 サンゴは3m、8mともに第一回調査の昨年からサンゴの被覆度は向上し、引き続き良好な状態である事を確認しました。

 昨年との比較は

 3m 63%から69.3%に向上
 8m 59%から65%に向上

 といったところです。数多く見られる卓状ミドリイシも順調に成長しているようです。

 魚類もチョウチョウウオ等は同等数確認できました。
 昨年1個体確認されたオニヒトデは今回は確認されませんでした。

詳細なデータは後日HPにUPされますので、こちらをご覧ください。

 前夜に行われた事前ミーティングは調査参加者以外にサンゴに興味のある方など、合計15名を対象に行うことができ、TSの吉田さんから石西礁湖のサンゴの状態(被害大)の話を聴いて、現状の認識を高められたと思います。
 
 このように成功を納めた今回のリーフチェックですが、調査地点から約10kmほど離れた石垣島北部(伊原間)ではオニヒトデが何層も重なってサンゴを覆っているという報告や、マンタで有名な石崎でも昨年と同様多くのオニヒトデが出現しているという話を聴くかぎり手放しで安心できません。

 一昨年は白化が注目された石垣島周辺ですが、昨年/今年はオニヒトデの被害が拡大しそうです。
(調査翌日の八重山毎日新聞では西表島北部の鳩間島近辺もオニヒトデの被害が甚大で、個人的な駆除では到底まにあわないという大きな記事が掲載されていました)

調査ポイントの米原Wリーフは岸から離れているためか、今回はオニヒトデの姿が見られません
でしたが、今後も予断は許されないと思います。

スポンサーサイト

2009年04月15日 各地のリーフチェック

掲載情報:月刊ダイバー 5 月号

本日発売の雑誌『月刊ダイバー5月号』にRCやCN会員の方が紹介されています。

メディアに掲載されているものは,情報がコンパクトにまとめられていて人へ紹介する時も便利ですし,イベントでも掲示して活用しています。
ぜひご覧ください!

月刊ダイバー
http://www.diver-web.jp/diver/index.html

・p89「ダイバーだからできること リーフチェック」1ページにわたり活動を紹介いただいています。
会員の皆さんのご協力と,月刊ダイバー編集部のお力添えで,今までとはひと味違った構成になっています。

・p121「串本海中フォトコンテスト」
会員の冨弥さんが受賞された,準グランプリと鍵井賞の作品が掲載されています。
おめでとうございます!

冨弥さんの作品は,CNでも昨年完成したリーフチェック活動10周年報告書の表紙や,サンゴ礁モニタリング・リーダー養成講座等の修了証でも使わせていただいています。

2009年04月10日 お知らせ

会員勉強会4月開催分のお知らせ

本日は会員勉強会プロジェクトチームより、兼ねてより実施予告をしていました会員勉強会4月開催分のお知らせです。

**************************************
<CN会員勉強会 2009年第1回>
サンゴに影響を及ぼす成分の入っている日焼け止めを調べてみよう!
**************************************

CNの会員勉強会では、主にリーフチェック実施に関する話題を中心に、運営部員が講師となって実施してきました。
今年から運営を一般会員からメンバーを募りプロジェクト形式で進める機会に、もう少し広げてサンゴを取り巻く話題にも注目していきたいと思います。

今回のテーマ選定の背景は、昨年2月にイタリア・マルケ工芸大の研究チームが発表した、多くの国で日焼け止めに使われている4つの成分が、サンゴの白化の一因になっているとの実験結果(Environ Health Perspect 116:441–447)です。
この報告、サンゴをのぞいたとしても、日焼け止めに限らず日焼け後のケア商品まで含めれば、海に出かける機会が多い(と思われる)私たちにとっては身近な話題ではないでしょうか。

実施に関する検討段階では、メーカーの方など外部講師を招いた講義形式も考えましたが、一方的に話を聞く前に、まずは、「果たしてどれだけの商品に対象成分が使われているのか、日焼け止めはどうして必要なのか自ら知る」ことから始めます。

日焼け止めなんて、女子の話だ...と思った男子の方々。
実は使用経験ってそんなにないなぁ...と思った女子の方々。
この機会にサンゴで語る引き出しを一つ増やしてみませんか?

なお、今年はイベント等が少なくCNやRCを紹介できる機会も限られていますので、非会員の方にも有料でご参加いただくように設定します。
興味をお持ちのお知り合いがいらっしゃったら、ぜひお誘いください。
情報の転載も歓迎です。
皆さまのご参加,お待ちしています。

日時:2009年4月19日(日)10時~12時(9時45分開場)

場所:東京ボランティア・市民活動センター C会議室
   http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html
   〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1
   セントラルプラザ10階
   電話: 03-3235-1171 (代表)
   最寄り駅はJR線・地下鉄飯田橋駅

進行:CN会員勉強会プロジェクトチーム

内容: 日焼け止めって何者?/日焼けが皮膚に与える影響/サンゴに影響を及ぼすとされた成分/市販の日焼け止め見比べ /日焼け止め以外の紫外線対策、など

参加費:無料(CN非会員は300円)

持ち物: お持ちの方は,使用されている日焼け止めや化粧下地。
使用成分がわかると望ましい(商品本体に成分が表示されているとは限らないので)。
使用経験に関わらずカタログでも可。

申込・問合せ: 件名を「4月19日勉強会」としてメールで参加希望の旨ご連絡ください。
 

追記

案内した勉強会の申込先ですが、受付が充分に出来ないことが判明しました。
送ってくださったのにエラーで戻ってしまった皆さま,大変失礼いたしました。
今後は堀米宛にご連絡ください。

horigome●coralnetwork.jp
(●を@に変えてください)

お手数をおかけしますが,どうぞよろしくお願いします。

2009年04月06日 お知らせ

情報提供:造礁サンゴ移植の現状と課題

造礁サンゴの移植について,日本サンゴ礁学会の保全委員会から「造礁サンゴ移植の現状と課題」として解説記事が出ました。

学会のホームページにて閲覧が可能です。

日本サンゴ礁学会
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jcrs/
(4/2付の新着情報です)

サンゴやサンゴ礁を取り巻く話題の一つとして,ぜひご覧くだ
さい。

2009年04月03日 サンゴ礁関連ニュース

イベント案内 マリンダイビングフェア2009

明後日から東京・池袋のサンシャインシティで「マリンダイビングフェア2009」が開催されます。
今年はコーラル・ネットワークとしての参加はありませんが,ブース出展のほかステージイベントや併催されるフェアもありますので,情報収集の機会に活用されてはいかがでしょうか。

<以下,公式サイトより>
http://marinediving.com/mdf/index.html

◇マリンダイビングフェアとは?
 日本国内最大のダイビング&リゾートショーです。
 国内外から「世界の楽園の海」が一堂に会するイベントとして、「ダイビング」「旅」「南の島」をキーワードに最新の情報を提供する場になっています。

◇「マリンダイビングフェア2009」開催概要
日時:4月3日(金)、4日(土)、5日(日) 10時~17時(予定)
会場:池袋サンシャインシティコンベンションセンター
   TOKYO文化会館C、Dホール (東京都豊島区東池袋3の1)
併催:海と島の旅フェア、沖縄フェア、地球の海フォトコンテスト2009入賞作品展*、ダイブ&トラベル大賞2009結果発表ゾーン:世界のリゾート/沖縄/水中デジカメ/ダイビングスクール
主催:マリンダイビングフェア実行委員会
共催:(株)水中造形センター
後援:経済産業省、国土交通省、文部科学省、環境省、外務省、沖縄県
   (社)日本旅行業協会(JATA)
   (財)日本海洋レジャー安全・振興協会
協力:(社)レジャー・スポーツダイビング産業協会
協賛:(株)サンシャインシティ サンシャイン国際水族館
特別協賛:オリンパス
入場料:無料(ただし,*印の併催フェアのみ500円)

2009年04月01日 イベント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。