スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告

シンポジウム「アオサンゴを天然記念物にしよう」のお知らせ

COP10のプレイベントとして、アオサンゴ群集のシンポが取り上げられているので、紹介します。

<以下、引用>
■COP10 (生物多様性第10 回締約国会議) 1 年前イベント■

シンポジウム「アオサンゴを天然記念物にしよう
    ~『生物多様性』を学ぼう・守ろう~」

日時:9/28(月)18:30 - 20:30
場所:教育福祉会館(古島)(098-885-9621)

 2007 年9 月、大浦湾チリビシで大規模なアオサンゴ群集が発見されました。学術的にも注目されているこのアオサンゴ群集の調査を行ってきた沖縄リーフチェック研究会、すなっくスナフキン、 じゅごんの里の3 団体が、この沖縄の宝を守り、次世代に伝えていくため、この9 月県議会に天然記念物指定の陳情を行いました。
 
このシンポジウムでは、アオサンゴ群集がなぜ天然記念物に値するのか、どんなにおもしろいものであるかについて、そして、アオサンゴ群集とそれを取り巻く環境が、近頃よく耳にする「生物多様性」とどのように繋がるのか、実際に調査をなさった方々にお話しいただきます。

沖縄の生物多様性を守るため、アオサンゴ群集の天然記念物指定を実現させましょう。多数の来場をお待ちしています。

プログラム
○「地元からの声~アオサンゴ発見の喜び~」東恩納琢磨
○講演
1.「辺野古・大浦湾の生物多様性」花輪伸一(WWF ジャパン)
2.「大浦湾チリビシのアオサンゴがおもしろい!」
 安部真理子(沖縄リーフチェック研究会、理学博士)
3.「大浦湾チリビシのアオサンゴの天然記念物の価値」
 目崎茂和(南山大学教授、環境学、地理風水学、理学博士)

資料代:500 円

主催: 沖縄・生物多様性市民ネットワーク
問合わせ先: 沖縄・生物多様性市民ネットワーク事務局
(吉川090-2516-7969)

同時開催! 沖縄・生物多様性市民ネットワーク  合同写真展
      9/27(日)- 30( 水) 沖縄市役所
      泡瀬干潟、辺野古、高江、奥間川流域等の写真が大集合。
      もちろん、大浦湾チリビシのアオサンゴも!

[沖縄・生物多様性市民ネットワークとは]
2010 年に名古屋で開催される第10 回生物多様性条約締約国会議(COP10)を機に、沖縄の生物多様性の理解や保全への取り組みを推進していこうと今年7 月に結成したネットワーク。
H P : http://www.bd.libre-okinawa.com/

フライヤーのPDFはこちらから
http://www.bd.libre-okinawa.com/document

スポンサーサイト

2009年09月26日 お知らせ

RCオーストラリア ボランティア募集

リーフチェックオーストラリアのボランティア募集がサンゴ礁研究者のメーリングリストに流れていましたので、参考までに転載します。

------------------------------------------
Reef Check Australia is looking for some motivated and independent volunteers to project manage the charity's Great Barrier Reef Project. The positions will be based out of Reef Check Australia headquarters in Townsville, QLD. If you have some time to spare and are looking to gain
experience in coral reef monitoring and team management, whilst logging dives on iconic reef sites, this is an outstanding opportunity!

Volunteering with a small organisation like Reef Check Australia offers a whole wealth of experience unobtainable in other volunteer positions. You will be personally managing teams of community divers completing scientific research on the GBR, whilst gaining invaluable skills and experience. With Reef Check Australia you complete your placement infinitely more employable.



For more information, download the full position description by clicking on the link below.


Project Officers position description
http://www.reefcheckaustralia.org/files/documents/90/project_officer_placement.pdf



Please submit all applications before 31 October 2009 by email to

2009年09月23日 お知らせ

サンゴ礁モニタリング・リーダー養成講座 海洋実習終了

9/22-23に伊豆大島で開催した海洋実習が無事終わりました。
今回はCN会員四名が参加してくださいました。

 直前に南の海上を通過した台風の影響で、これまで使ってきた秋の浜での講習が難しかったので、王の浜を利用しました。王の浜は、かつては大島のダイビングポイントの中ではサンゴが多い場所
だったのですが、現在はちょこちょことしかありません。(確か記憶では1998年の世界的な規模の白化現象の時にやられたような気が。)

 対象物をいろいろと探すのに苦労しましたが、なんとか講習と試験を終え、無事全員海洋試験を合格されました。

 二名は座学の追試が残っていますので、今回誕生したリーダーは二名でした。おめでとうございます。

 今後、リーフチェックの現場で活躍していただけることを期待しています。

2009年09月23日 活動報告

田子RC ボランティア募集(再度)

先日、ボランティア募集のお知らせをしました。すでに参加申し込み期限がすぎましたが、調査を円滑を行うためにあと2~3名ほど必要です。

もし、ご参加いただける方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

1。期日

10月3日午後6時~4日午後3時 

*初めて田子でのリーフチェックに参加される方、または半年以上ダイビングしていない方は午後1時にシーランドに集合し、訓練ダイブに参加してください。

2。調査場所
 
西伊豆田子 白崎 

3。参加費
  22000円 (予定)
*参加人数により変動します

4。集合場所:ダイビングサービス シーランド 
http://www.sealand-tago.com/info/access.htm

2009年09月23日 各地のリーフチェック

転載 南極海・南極海の生態系

生物多様性市民ネットワーク沿岸・海洋部会のMLから転載します。
サンゴ礁関連では無いのですが、生態系の保全がらみなので興味のある方はどうぞご参加下さい。

----------------------------------------------------
南極海・南極海の生態系
ナンキョクオキアミの生態からみる南極海生物多様性と持続的漁業のあり方

開催が迫っておりますが、以下、南極海におけるオキアミとその捕食者の生態系について研究している、Rodolfi Werner(ドイツ人、アルゼンチン在住)のお話を聞く機会を設けました。関心のある方はどうぞご参加下さい。

Werner氏は、CCAMLR(南極海洋生物資源保存委員会)の年次会合(10/26から11/5、タスマニア)開催されるのにあわせて、日本政府や遠洋水産研究所にロビー活動のために来日するとのことです。

日時:2009年9月30日 18:30-
場所:東大駒場キャンパス内(調整中。追ってお知らせします)
会費:無料
通訳あり
問い合わせ先:佐久間淳子(MGH00047@nifty.com)

Rodolfi Werner氏について
アルゼンチン在住、ドイツ人。
南極・南極海の野生生物保護が専門、ASOC(南極・南大洋連合)の科学アドバイザー。CCAMLR科学委員会ではASOCのヘッドを毎年つとめる。会合時のランチセッションなどでは、オキアミの分布と捕食生物の関係を各国代表団にプレゼンするなどしており、政治的な交渉内容も、科学的な議論もともに深い理解を持っています。
CCAMLRは、「保存」には合理的な漁業を含む、としていますが、基本には予防原則があり、獲る魚種だけでなく、関連する生態系を含めて持続的に保護することを目指しています。
このためCCAMLRの行方はその他の地域の生態系保護や資源管理のあり方の先例となる、ともみられています。

ASOCが展開する「オキアミ・プロジェクト」の日本語サイト。
http://www.krillcount.jp/

2009年09月23日 お知らせ

予告:2009年度 第二回リーダー養成講座(座学:都内)

11/21-22に開催されるリーフチェック渡嘉敷千代頭に合わせて、リーダー養成講座を開催します。

 詳細は詰めているところですが、航空券確保の関係もあると思いますので、先にアナウンス致します。

****************************************************************
座学
10/12(月・祝) 座学1日目(調査方法、魚類、無脊椎動物)
10/25(日) 座学2日目(サンゴ礁一般、底質)
11/3(火・祝) 座学予備日

海洋実習
11/21(土) 海洋実習1日目
       *朝一番の高速船で入島してください
11/22(日) 海洋実習2日目
       *リーフチェックを兼ねます

参加費
調整中(一般29,000円程度、CN会員は1,800円割引の予定)
・費用に含まれるもの :座学資料、実習時の現地交通、保険、タンク、ウェイト、施設使用料
・費用に含まれないもの:食事、宿泊、現地までの交通、個人レンタル

宿泊
「国立沖縄青少年交流の家」を手配予定(費用は実費負担)


モデル旅程は以下のような感じです。
11/20 那覇泊
11/21 10:00発の高速船で渡嘉敷へ
     午後海洋実習2本
11/22 海洋実習兼リーフチェック2本
     夜はバーベキューで打ち上げ(別料金)
11/23 那覇へ
****************************************************************

また、座学補講の追加も考えています。

確定次第、再度ご連絡します。

2009年09月21日 お知らせ

10/18CN 会員勉強会( 09 年度第 4 回)@都内

本日は会員勉強会チームから10月の勉強会のお知らせです。
CNはこの3年ほど助成金をいただきリーダー講座やスキルアップ講座を実施しましたが、この機会を通じ興味を持ってくれた方々が入会してくださいました。
そこで、今回はCNの活動の柱であるリーフチェック(RC)について、各地の様子を取り上げることにしました。

・自分が参加していない他のチームは、どんな風に立ち上げて続けてきたんだろう?
・告知は流れるし参加はしてみたいけど、どんな人がやっているか顔が見えないと検討しにくいし、コンタクトをとるのにも抵抗があるなぁ。
・RCのデータってどう蓄積されているんだろう。

などなど、立ち上げ当初から関わってきたCNメンバーに紹介していただきます。
CN会員の方も、会員以外の方も、ぜひお誘いあわせのうえご参加ください。

※当初は10月4日予定していましたが、RC田子が重なるため日程を変更しました。

<以下、転載歓迎♪>
◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇
コーラル・ネットワーク(CN)会員勉強会
CNリーフチェック見本市2009!?
~各地のチームやデータを知ろう~
◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

 現在、世界84の国と地域で実施されている、サンゴ礁の健康診断プログラム「リーフチェック」。
 このたび、日本の窓口であるコーラル・ネットワークでは、国内で実施されているリーフチェックについて、各地のチームやデータの紹介を会員勉強会として実施します。
 「今、サンゴ礁の海はどうなっているの?」、「どうしてリーフチェックをやっているの?」、「リーフチェックで何がわかるの?」、「どこで・どんな人たちが・どんなことをやっているの?」・・・・・・そんな素朴な疑問に、各地の担当者がお答えします。
 会員に関わらず、皆さんにご参加いただける内容です。
 リーフチェック入門の機会として、また、サンゴ礁を守るために私たちが出来ることを知ってみませんか?
 ぜひお誘いあわせのうえ、ご参加ください!

☆参考 コーラル・ネットワークWebサイト
(URL) http://coralnetwork.jp/

日時: 2009年10月18日(日) 14時~16時半(13時45分開場)
場所: 富士ゼロックス株式会社 会議室(ミッドタウンウエスト)
主催: CN会員勉強会プロジェクトチ-ム
講師: CNリーフチェック各地担当者
(紹介予定:宮古島、石垣島、与那国島、渡嘉敷島、西伊豆・田子など)
持ち物:(持っている方は)RC10周年報告書
参加費: 300円(CN会員は無料)
申し込み・問い合わせ:
 事前申込制。件名を「10月18日勉強会」として、eメールで参加希望の旨をご連絡ください。折り返し担当よりご案内します(連絡までに数日いただくこともあります。
 ☆eメール moushikomi●coralnetwork.jp
 (●を@マークに変えてください)
申込締切:10月15日(木)正午
<転送歓迎、ここまで>

以上、よろしくお願いします。

2009年09月21日 お知らせ

リーダー養成講座 二日目終了

サンゴ礁モニタリング・リーダー養成講座、二日が終了しました。
本日は都合が悪い2名の方を除き、5名の方がご参加くださいました。

今日は

・サンゴ礁一般
・底質同定講座
 ・底質同定試験

を行いました。

 底質は、これまで受講された方も苦労されていますが、今回の参加者の皆さんも同様でした。海洋実習時に再試験を行います。

 初日を受けられなかった方が1名、二日目を受けられなかった方が2名、海洋実習に参加できない方が3名いらっしゃいますので、それぞれ日程を追加する予定です。決まりましたら、またアナウンスします。

2009年09月13日 活動報告

リーダー養成講座 初日終了

本日から開催のサンゴ礁モニタリング・リーダー養成講座、初日が終了しました。
今回の講座では7名のお申込があり、本日は都合が悪い1名の方を除き、6名の方がご参加くださいました。

今日は

・リーフチェック調査方法
・魚類同定講座
 ・魚類同定試験
・無脊椎動物同定講座
 ・無脊椎動物同定試験

を行いました。

 一発合格の方、再試験となった方、悲喜?こもごもでしたが、合格するまで再試験は行いますので、最終的には皆さん合格していただける予定です。

 来週は底質講座です。

 本日未受講の方のために、再来週の平日夜に二回に分けて講座を開催する予定です。参加したかったけど、今週都合が悪くて申込をしなかったという方、これからでも間に合いますので、ご連絡ください。

 また、伊豆大島での海洋実習に参加できない方がいらっしゃいますので、海洋実習も別途設定の予定です。

2009年09月06日 活動報告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。