スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告

リーフチェック大度 速報

12/2に沖縄本島の大度海岸でのリーフチェックが無事終了しました。担当の渡辺(敬)さんからの報告です。

---------------------------------------------------

大度のリーフチェックが終わりました!。参加してくださったかた、ありがとうございました!。

底質のデータを集計した結果、HCの割合が、深場で31.25%、浅場で55%です。

今、去年までのデータが手元にないのですぐには比較できませんが、一般的にHCがかなり高い割合です。白化後の回復が遅い辺野古、真栄田と対照的に、大度は順調に回復しているという傾向が、今年もデータで示せたと思います。

ただし、貝やオニヒトデに喰われたと思われる跡もみられました。地元のダイバーがオニヒトデを駆除してくださってるので大事には至っていませんが、浅場(礁嶺部)には特にオニヒトデが好むミドリイシ類が大半を占めていたので、大量発生が起これば食い尽くされてしまう可能性があり、今後も目が離せないです。

底質の詳細は、以下のとおりです。
浅場(%)
HC 31.25
RC 58.75
SD 3.75
RB 1.25
RKC 0.625
SC 1.25
SP 2.5
NIA 0.625

深場(%)
SP 1.875
RKC 1.25
SC 0.625
RC 41.25
HC 55
---------------------------------------------------
略号 HC:造礁サンゴ、RC:岩、SD:砂、RB:礫、RKC:最近死んだサンゴ、SC:ソフトコーラル、SP:カイメン、NIA:富栄養化の指標となる海藻

スポンサーサイト

2006年12月05日 各地のリーフチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。