FC2ブログ

日焼け止めがサンゴの白化を促進

日焼け止めに含まれる成分がサンゴを白くすることを見出した研究結果が報道されました。
http://news.goo.ne.jp/topstories/life/20080216/15fddc3a74f3f9a48916e97fdef9fa51.html?fr=RSS

最近の研究結果から、日焼け止めに含まれる物質の内、パラベン、桂皮酸、ベンゾフェノン、カンファー(樟脳)抽出物は、使用している時に海に溶け出すのと同じくらいの量で、サンゴを白化させる作用があることが分かったそうです。

 パラベンとカンファーは防腐剤、桂皮酸とベンゾフェノンは紫外線吸収剤の一種です。

 これらの成分が、サンゴの褐虫藻の中にいる有害なウィルスを増殖させるのだそうです。

 お使いの日焼け止めの成分を調べてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト



2008年02月18日 サンゴ礁関連ニュース